「少女A」

「少女A」

こんにちは、ジュンナです。

「上目使いに 盗んで見ている 蒼いあなたの 視線がまぶしいわ」で始まる「少女A」

中森明菜 少女A

1982年7月28日に、2枚目のシングル・レコードで発売されました。

作詞:売野雅勇
作曲:芹澤廣明

当時、この中森明菜様のツッパリ路線は、衝撃的でしたね!

横浜銀蠅やら何やら、ツッパリ全盛期でしたが、こんなに可愛いツッパリがいるのかと。

当時私は小学生でしたが、完全にときめいちゃいました♪

スポンサーリンク

さて、作詞は売野雅勇さんですが、この「少女A」を書いた当時は、まだまだ作詞家になって1年だったとのこと。

それまでは、広告代理店に勤めていたらしいですね。

この2作目の「少女A」によって、中森明菜様が一躍スターダムにのし上がっていくきっかけになるのです。

ちなみに、サビの「じれったい、じれったい」は、当初「ねえあなた、ねえあなた」だったとのこと。。

「ねえあなた」は、ちょっとダサいので、「じれったい、じれったい」に変更したのかと。。

「少女A」は、およそ40万枚の売り上げ。

スポンサーリンク

オリコン週間シングルチャートの1982年8月9日付で、初登場40位を記録し、1982年10月18日付で、最高順位5位。

フジテレビ系の音楽番組「夜のヒットスタジオ」にも初出演、1982年9月20日放送。

TBS系音楽番組「ザ・ベストテン」では、初出演、1982年9月16日の放送で9位を記録。

1982年10月28日の放送で、最高順位3位を記録。

たぶん、私が中森明菜様にはまったキッカケは、この「ザ・ベストテン」初出演の時だったと思います。

「ザ・ベストテン」のあのドアから出てきた瞬間に、心を奪われてしまいました (*^^*)

この大ヒットした「少女A」ですが、当初中森明菜様は「こんなの歌いたくない!」といって、レーディングをかたくなに拒否したとのことです。

この「少女A」が、ファーストネームの「明菜」のイニシャルの「A」のようで気にいらなかった様子。。

中森明菜様は、「少女A」があまりお好きじゃないみたいですね。

発売を中止するわけにはいかないので、強引にレコーディングを終わらせたようですが、これが大ヒット!

それからの快進撃は、あなたもご存知の通りです。

ちなみに、「少女A」って、いろんな歌手がカバーしているんですね。

B’zの松本孝弘さんや桑田佳祐さん。
元AKBの板野友美さんや平井堅さん。

そして、初音ミクまでw

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です